ハイブリッドフィルターの5つのイノベーション

薫風シリーズは、人件費を大きく削減します。従来品では通常年6回行ってきたプレフィルタの洗浄が、薫風シリーズではプレ・メイン一体型となることで年1回メインフィルタと同時に洗浄再生するだけで対応できます。これを労力に換算すると従来品では80枚のプレフィルタを洗浄する場合、1回に2人の人員が必要となり、1年間では12人の労力が掛かる計算となります。一方プレ・メイン一体型の薫風シリーズは、年1回のため2人の人員で済み、人件費・労力の大幅削減が見込めます。

人件費削減の秘密は、面積20倍の多プリーツ折込フィルタ

薫風シリーズは、従来品の単板状のものではなく、20倍の面積を持つ多プリーツ折込フィルタを採用。1年に1回のプレ・メインの同時洗浄再生を実現しています。